【美味しいコーヒーの淹れ方】デミタスコーヒーの作り方【簡単解説】

この記事をSNSでシェアする。


こんにちは。A&K COFFEEのKINEOです。



最近は自宅でコーヒーを淹れる人がだいぶ多くなってきた印象です。




そんな中「いつもと違ったコーヒーのドリップがしたい!」という方には、今回紹介する”デミタスコーヒー”をおすすめします。



普段からドリップで抽出している方なら少し器具を揃えるだけで、あとは”抽出の仕方”を変えるだけでできますよ。



自宅にいながら”古き良き喫茶店の味”を再現することが可能です。



ゆっくりと集中してコーヒーを抽出するなら、デミタスコーヒーはうってつけですよ。


ぜひ最後までご覧いただいて参考にしてくださいね。



それでは、さっそく本題へ行きましょう。


目次

【美味しいコーヒーの淹れ方】デミタスコーヒーの作り方


そもそも、デミタスコーヒーって何でしょうか。


おそらく大抵の人は、”デミタスコーヒー”という名前は知っていても説明できる人は少ないかと思います。



缶コーヒーでその名を知ったという人も少なくないんじゃないでしょうか。





デミタスコーヒーって何?


それでは、簡単に解説していきます。



まず歴史についてですが、かなり長い歴史があり、あのナポレオンの時代まで遡ります。



19世紀、1806年にナポレオンの大陸封鎖令により、フランスの植民地からのコーヒー豆不足が起こり、当時のヨーロッパではコーヒーの代用品が出回ります。



しかし、なんとかコーヒーを提供できないかと、イタリアのローマのカフェグレコという人が考案したのが、”通常のカップよりも小さなカップで提供する”というものでした。



これがデミタスコーヒーの誕生になります。



こんな歴史的背景のあるコーヒーだったんですね。


原料不足で生まれたデミタスコーヒーは、当時は通常よりも小さなカップ(通常より少ない)ということだけでしたが、今では、濃いめに淹れた少量のコーヒーとなって人々の間で定着しました。



特に食後のお茶的な感覚で、この濃い少量のコーヒーを味わうことが多いと思います。



このデミタスコーヒーのお陰で、アンティークのデミタスカップも作られていったんでしょうね。(僕はアンティーク物が大好きです)



ちなみに、デミタスはフランス語です。[demi=半分の] [tasse=コーヒーカップ]という意味です。



ザックリですが、これでデミタスコーヒーの歴史の解説を終わります。



では次は実際にデミタスコーヒーを淹れていきましょう!




デミタスコーヒーの作り方


いつもより少し抽出時間がかかるだけで、淹れ方自体は簡単ですのでやってみましょう。



ちなみにデミタスコーヒーというのは通常ネルドリップで淹れるのですが、ペーパーでもできますので安心してください。



準備する物

・コーヒー豆(今回は13g使用)
・ドリップスケール
・ネルドリップのセット(ペーパードリップのセットでも大丈夫です。)


・ドリップケトル
・使用するデミタスカップ(小さめのカップでいいです。)


準備するものについては、これだけです。いつものドリップとそんなに変わらないですよね。


抽出手順

まずはコーヒー豆を挽いていきましょう。今回は中挽きです。それと同時にお湯を沸かしてください。


お湯をドリップケトルに入れ替えて、80度くらいに温度が下がるまで待ちます。(通常より低温で抽出します。)


次にサーバーと使用するカップを温めておきます。


挽いたコーヒー粉をドリッパー内に移します。(ネルがなければペーパーで大丈夫です。)


中心にお湯を落としていき、そこから「の」の字を描くようにして


一滴一滴の点滴のようにお湯を注いでいきます!



そして、通常のドリップには「蒸らし」という工程がありますが、このデミタスコーヒーの点滴抽出には「蒸らし」の工程は必要ありません。



最初から最後まで、ひたすらお湯を点滴でドリップしていきます。



約50mlという少量を、ゆっくりと5分くらいかけて抽出していきます。



このじっくりゆっくりとした点滴抽出をするから少量でも濃いコーヒーとなるので、焦らずにゆっくりと抽出していきましょう。


画像のようにホントに少量の抽出です。


抽出が終わったら、カップへと移して完成です!



デミタスコーヒーのポイント


それでは、デミタスコーヒーを作る上でのポイントです。



  • コーヒー豆の量はお好みで(最初は10gくらいから始めて徐々に自分好みの濃さにしましょう。)

  • 使用するコーヒー豆は中深煎り以上を使用する。(焙煎の浅い豆はデミタスコーヒーに向いていない為)

  • コーヒー豆の挽き目は、中細挽き~中挽き

  • 通常はネルドリップで抽出する。(ペーパードリップでも可能)

  • お湯は70度~80度の間くらいで

  • 抽出時は点滴で抽出する(じっくり、ゆっくり)

  • 少し集中力が必要

  • 無心になる


以上がデミタスコーヒーを淹れる上でのポイントになります。




そんなに難しくないので、ぜひ覚えてみてくださいね。



ま と め


では今回のまとめです。



冒頭で解説したように、デミタスコーヒーの歴史はあまり知られていませんが、とても長い歴史があります。



エスプレッソの誕生が1901年ですので、その100年も前から存在してるコーヒーなんです。



ちなみにエスプレッソとデミタスコーヒーは同じ少量の濃いコーヒーということで似てはいますが、全くの別物です。



この二つはそもそもの抽出のアプローチがそれぞれ違いますので。



デミタスコーヒーは上記の通り、ドリップ形式で濃いめのコーヒーを抽出しますが、エスプレッソは9気圧という圧力を使ってコーヒーを抽出します。



使用する器具もそれぞれ違いますので、別物ということです。



味はと言うと、濃い目なのにマイルドで、ほど良い苦みと甘さを感じるトロッとしたコーヒーで、まさに食後なんかにピッタリのコーヒーかなと思います。



エスプレッソとは違った深い味わいで非常に美味しいですね。



ヨーロッパでは食後のお茶みたいなことを言いましたが、本当にそんな感じです。



日本の喫茶店では、まだまだ古くからの抽出にこだわったデミタスコーヒーを出すお店もあるようなので、そういったお店に飲みに行くのも良いかもしれません。



ですが、僕はやっぱり自宅で自分で淹れてみてほしいなと思います。



コーヒーへの理解も深まりますし、何より自分で淹れた方が楽しいですから。



ということで今回はこの辺にしようと思います。



ネルドリップをご自身の抽出器具のレパートリーに加えておくとコーヒーの抽出方法の幅が広がりますので、ぜひ揃えてみてくださいね。



是非お家で美味しいデミタスコーヒーを淹れてみて下さいね。



最後までご覧いただきありがとうございました。



自宅でのコーヒーに関連する記事はこちらからどうぞ。
【自宅コーヒーの始め方】揃える物は何が良い?絶対に必要な物は?【徹底解説】


美味しい珈琲豆をお探しの方はこちらをどうぞ。
【厳選】ここは美味しい!珈琲豆の通販おすすめ5選【実飲検証済み】

コーヒーと合う美味しいお供を厳選した記事はこちらからどうぞ。
【コーヒーに合うおすすめスイーツ】知って得する!贈り物にも喜ばれる逸品!


「概要欄」に載せているオススメのコーヒーグッズもご覧くださいね。
概要欄【おすすめコーヒーグッズ】


ではまた次の記事で!

KINEOでした。

【A&K COFFEE】からのお知らせです。
この度、コーヒー豆の完全受注焙煎のオンラインショップを始めさせて頂きました。新鮮かつ高品質なコーヒー豆をお求めの方は下記リンクからどうぞ!

https://akcoffee.shop



この記事をSNSでシェアする。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる